セロフロ通販で辛い喘息ともおさらばできる!?

ぜんそくに悩む男性喘息や呼吸器の疾患を持っている方は発作が起こる苦しみはもちろん、いつ発作が起こるか…という不安を常に抱えています

また、喘息を発症すると長期間の治療が必要となりますので費用も高額になってしまいます。

少しでも喘息の治療費を抑えたい、そういった場合には通販で喘息の治療薬を購入すると費用を抑えられます。

 

喘息の治療薬にも色々ありますが、その中でも今回コチラで紹介するのは「セロフロ」というお薬です。セロフロはアドエアのジェネリック医薬品であり、喘息や気管支炎などの呼吸器系の疾患に有効です

 

もしかして喘息?そう感じた方へ

信じられない男性風邪かと思っていたら喘息だった…そういった方は非常に多いです。

風邪も喘息と同じように咳や痰の症状が現れますが、こうした症状は長くて2~3週間程度で治まります。

もしも、それ以上長く咳や痰が出ているという場合には喘息を疑いましょう。

 

また、この他にも

 

・呼吸時にゼーゼーやヒューヒューというような音が鳴る

・一過性の症状が何度も起こる

・夜間~早朝に症状が出やすい

・季節の変わり目に症状が出やすい

・咳が続いて呼吸困難に陥ることがある

・空気の環境が悪いときに症状が出やすい

といった上記の症状を感じている方は、喘息の可能性がありますので病院で一度検査を受けることをオススメします。

 

また、喘息と似ている症状が現れている場合でも、喘息ではない可能性もあります

8週間以上続く場合には慢性的な咳となりますので、他の病気を疑いましょう。

喘息と似た病気

・咳喘息・慢性閉塞性肺疾患

・百日咳

・後鼻漏

など

 

いずれにしてもつらい症状が現れた場合には、速やかに病院へ行き適切な治療を受けましょう

 

喘息治療に有効なセロフロ

薬のイメージ喘息は発作が起こると辛いですが、現在では喘息に有効な薬がありますので喘息は自分でコントロールすることができます

そのため、起こっている発作を鎮められるのはもちろん、発作が起こらないように予防することも可能です。

喘息治療薬には主に2つの種類があり、発作を鎮める発作治療薬と発作予防の長期管理薬があります。

 

はじめに紹介したセロフロというお薬は、長期管理薬に分類されます。

こうしたお薬は毎日継続して使用する必要がありますが、正しく使用していると普通の日常生活を送れます。

セロフロは毎日使わなければならない…とストレスを感じるかもしれませんが、毎日歯磨きをしますよね?歯磨きも虫歯予防のために行なっていることなので、習慣になれば毎日の使用にストレスを感じなくなります。

 

喘息の長期管理薬は炎症を抑える強力なお薬です。

即効性はありませんがゆっくりと確実に効果を発揮しますので、喘息予防に非常に効果的です。

また、セロフロは吸入ステロイド薬と長時間作用性β2刺激薬の2つの作用があるお薬です。そのため、気道の炎症を鎮静させると同時に気道を拡張させる作用が得られます。

ステロイドに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、気道に直接作用するので内服薬と比べて副作用は少ないです。

ただし、セロフロ吸入後には薬剤を洗い流すためのうがいが必要、吸入をやめると効果がなくなってしまうので毎日続けることが大切です。

 

セロフロとアドエアの違い

新薬とジェネリックのイメージ病院で喘息の治療を受ける場合、アドエアという吸入薬が処方されることがあります。

有効成分はフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩で、炎症を抑えながら気道を拡張してくれます。

 

また、一方で通販ではセロフロという吸入薬を購入することができます。

セロフロもアドエアと同じ有効成分のフルチカゾンプロピオン酸エステルとサルメテロールキシナホ酸塩が配合されており、同等の効果が得られます。

 

同じ成分の薬で名前が違う理由は、新薬とジェネリック医薬品だからです。

アドエア(新薬)は新しく開発された医薬品で、アドエアの特許が切れて製造された医薬品がセロフロ(ジェネリック医薬品)になります。

アドエアは開発されるまでにかなりの時間と費用をかけて開発・製造されましたので、一定期間は独占販売できる権利が与えられます。

しかし、その権利の期間が切れると他の製薬会社も同じ有効成分の薬を製造できるようになります。そうして製造されたセロフロは、開発にかかる費用も時間も削減されているので低価格で販売されています。

 

つまり、アドエアとセロフロの大きな違いは、費用面だけです。

同じ有効成分が使用されているので効果も同等、同じ吸入薬なので使い方も同じです。

 

通販のセロフロと病院のアドエアの費用

お金のイメージ風邪などの疾患であれば一過性なので治療にかかる費用は安いです。

しかし、喘息の場合には長期的な治療が必要となるので、どうしても治療費が高額になってしまいます。

そのため、少しでも治療費を抑えたいと思うのは当然のことでしょう。

ここでは、病院でアドエアを処方してもらう場合と通販でセロフロを購入する費用を比べてみましょう。

 

病院でアドエアを処方してもらう費用

病院での診察喘息の治療は保険が適用になりますので、多くの方は3割負担で薬を購入することができます。

アドエアの費用は大体3,000円ほどですが、さらに診察費や検査料も加算されます。検査は特殊なので6,000円前後することもあり、初診の場合には1万円近くの費用がかかることになります

 

通販でセロフロを購入する費用

通販を利用する男性通販の場合、吸入器と薬剤がセットのもので2,000~3,000円になります。通販ということで送料が発生しますが、1,000円前後となります。高くても4,000円程度でセロフロを購入できます

また、薬剤のみの販売もしていますので2回目以降は2,000円前後で購入可能です。

まとめ買いで割引サービス、送料無料などのキャンペーンも行っていることが多く安価に手に入れることができます。

 

費用面では圧倒的に通販のセロフロがお得であることがわかりました。

喘息の治療期間は明確な基準がないため、少しでも治療費を抑えるためには通販がおすすめです。

 

セロフロを通販で購入する利点とは

アドエアとセロフロを比較すると、セロフロがお得であることはお分かりいただけたかと思います。

ただ、セロフロを通販で購入すると、値段以外にも利点があります。

 

いつでも注文できる

セロフロを取り扱っている通販サイトは24時間365日注文を受付けています。そのため、病院の診療日や診察時間を気にせず注文することができます。診察時間内に行くことが難しい方にぴったりです。

 

どこに居ても注文できる

通販はネットを介して利用できますので、ネット環境が整っている場所であればどこに居ても注文可能です。

自宅内、移動中、職場…どこの場所でもセロフロを頼めますので便利です。

近くに病院がない方や病院へ行くことが難しい方にぴったりです。

 

煩わしさがない

病院へ行くことになると、病院探し、病院まで足を運ぶ、待合室で順番待ち、会計の順番待ちなどの煩わしさがあります。

しかし、通販であればいつでもどこでも注文できるので、一切煩わしさを感じません

 

通販を利用すれば病院へ行く手間が一切かからず、アドエアジェネリックのセロフロを手に入れることができます。

ただし、通販の場合は病院と違ってすぐに手に入らない(届くまで約14日)、用法用量を自分で確認しなければならないなどのデメリットもありますので、その点もしっかり把握した上で利用しましょう。

 

セロフロは通販で手軽に購入できる

通販ユーザーの男性通販で医薬品を購入するのは違法ではないのか?と疑問に感じる方もいらっしゃるかと思います。ただ、通販と言っても正確には「個人輸入代行」というサービスを利用してセロフロを購入しているので違法ではありません。

もちろん、通常の通販サイトでセロフロは取り扱われていませんし、販売されていたとしたら違法になります。

 

個人輸入代行というのは、個人輸入(海外の商品を個人的に使用する目的で購入する行為)を代行してくれるサービスです。

通常、個人輸入をするとなれば自分で小売店に交渉し、輸入や税関に関する書類を作成、申請しなければなりません。言語力もコミュニケーション能力も求められますので、素人が個人輸入をするのは簡単なことではありません。

しかし、代行業者が小売店と購入者の間に入ってくれますので、普通の通販サイトと同じように商品を購入できるのです。個人輸入代行サイトは日本語で対応していますし、サイト自体も通販サイトの見た目と変わりません。

そのため、個人輸入代行サイトでセロフロを購入する手順は、普通の通販サイトと変わりません。

商品を探す、ほしい数量を選択、注文者の情報入力、支払い方法選択、この手順が完了すればあとは商品の到着を待つだけです。

操作は特に難しくありませんが、わからない場合には個人輸入代行サイト内の購入方法確認しながら注文すると良いでしょう。

 

通販で購入したセロフロを正しく使うために

セロフロは吸入するタイプの薬剤になります。

病院で吸入薬を処方してもらう場合は使い方の説明を受けることができますが、通販の場合は自分で使い方を調べなければなりません。

 

セロフロは1日2回、12時間おきに使用してください。

無理のない程度に息を吐き出し、舌を下げた状態にします。(薬剤のボンベが上にある状態)

舌が下がると喉が広がりますので、その状態で薬剤ボンベの底を1回強く押してください

吸入口を咥えた状態での使用も可能です。

薬剤を噴出したら吸入器を口から話、3~4秒息を止めてからゆっくり息を吐きだしてください

使用後は吸入器のキャップを装着してください。

また、吸入後は口内に薬剤が残らないようにうがいをしてください。

 

12時間間隔で使用しますので、使用しやすい時間帯を考えましょう。

もしも、使用を忘れた場合には気づいたときにすぐ使用してください。

セロフロは発作を予防する目的のお薬のため、発作が起きていなくても継続して使用してください

 

実際にセロフロ通販した方の口コミ

セロフロは喘息治療薬で処方されることの多いアドエアのジェネリック医薬品のため、効果は確かです。ただし、実際に通販でセロフロを購入されている方の使ってみた感想はどうだったのか?

ここでは、通販でセロフロを購入された方の口コミをいくつか紹介します。

 

男性・40代

男性のイメージ喘息持ちなので定期的に病院へ通っていましたが、最近は通販でジェネリックのセロフロを買うことの方が多いです。やっぱり通販は便利ですしね。効果も病院でもらうものと変わりませんし特に問題はありません。

 

男性・30代

男性のイメージ季節の変わり目に咳が止まらなくなることが度々ありましたが、こちらを使うようになってからは咳が出ていません。本当は病院でちゃんとした検査を受けて薬をもらうほうがいいとは思いますがこちらで十分でした。また無くなる前に頼みたいと思います

 

女性・20代

女性のイメージセロフロはすごく安いので助かっています!毎日使うものなので少しでも安いのを…と思って探してたので通販で買えると知って感動しました(笑)まとめ買いができるのもポイント高いです!

 

女性・20代

女性のイメージセロフロ愛用歴2年近くになりますが、全く症状は出ていません。吸入するのは毎日の日課になっているので面倒でもありませんし、もう手放せない存在になっています。一応気が向いたときに病院に行って検査を受けますが、毎回問題もないようなのであとは完全に治ってくれるのを待つだけです。

 

男性・40代

男性のイメージ通販で薬の購入するのは初めてで不安でしたが、Amazonみたいに普通に注文できましたし、商品も無事届きました。効いてる感じはしませんが、発作が起こってないので薬の品質も多分大丈夫なんだと思います。

 

セロフロの通販を利用するなら

セロフロのパッケージ喘息の症状が悪化した場合には病院で診察を受けることをおすすめしますが、普段の自宅ケアは個人輸入代行のセロフロで十分かと思います。

ただし、個人輸入代行サイトは全て自己責任になるため、利用する際にはトラブルが起こらないように信頼できるサイトを選ぶ必要があります。

セロフロを取り扱っているサイトは多数あり、それぞれ値段も違いますが、金額だけで決め内容にしましょう。信頼できそうか、利用しやすそうかといった部分もチェックしましょう。

 

こちらの個人輸入代行サイトは正規品のみ取り扱っており、商品の到着率も100%です。

1万円以上の購入で送料も無料になりますので、長期管理薬のセロフロをまとめ買いすれば実質薬代だけで購入できます。

セロフロの購入はこちら